コラーゲンが老化してくると吸着力も低下して肌はカサカサ骨はスカスカ・・・。女性陣よ!若々しさを取り戻すなら豚足料理がオススメ。

コラーゲンの老化

コラーゲンの老化は、全身のいろいろな場所で老化を促進させます。コラーゲンの衰えをまねくのは、コラーゲンの新陳代謝の衰えです。コラーゲンの新陳代謝をあげることはスキンケアやアンチエイジング化粧品を購入するだけではできません。運動や食生活のバランスなど様々な方面からの改善が必要になります。
コラーゲンは、非コラーゲンたんぱく質に比べて、新陳代謝の回転はもともとゆっくりです。代謝の回転がのんびり屋のコラーゲンは、コラーゲン合成の衰えにより、さらに回転をゆっくりとさせてしまいます。
疲れたコラーゲンは、いろいろな悪さをする化学反応をはねつける力が失われてきます。その結果、疲れた同士が腕を組み体を寄せ合うように、コラーゲン同士が不自然なかたちの橋を架けあった状態がつくられます。
コラーゲンは、もともと自然なかたちの架橋をつくる性質があります。皮膚を例にします。みずみずしい肌をつくるカギを握っているのは、皮膚の真皮に保たれ ている水分です。真皮のコラーゲンは、お互い同士が互いに橋を架けあって結びつき、線維を張り巡らします。この線維と線維のあいだに、たっぷりと水分を抱 え込みます。 コラーゲンが橋を架けあう性質をもっているからこそ、潤いのある肌になるのです。このような自然なかたちの架橋は、コラーゲンの働きに欠かせないもので す。
新陳代謝が衰えると、古いくたびれたコラーゲンが居座るようになります。この古いコラーゲンは、本来の架橋とは異なった、別の不自然な架橋を増やしていきます。
この架橋は、これまでとは異なる性質の橋で、新陳代謝の力で除きにくいものとなります。こんなタイプの橋が多くなると、水分の居場所がなくなり追い出されてしまいます。そうなると、真皮の水分はどんどん失われ、また、柔軟性も失われ肌がカサカサしてきます。
コラーゲンがもともと持っている性質からできた架橋を区別するために、これを老化架橋という言い方をしています。
コラーゲンの新陳代謝が衰えると、架橋は全身のいたるところで起こります。その結果、血管の壁の柔軟性も失われ動脈硬化を起こします。関節の動きが滑らかでなくなり、こわばった動きとなります。皮膚は、みずみずしさを失うとともに、シミができやすくなります。
コラーゲンの衰えは、不自然な形での架橋という厄介なものをつくることで、コラーゲンの柔軟性や弾力性が失われ、これが引き金となって老化現象を進行させます。
しかし、不自然な架橋の害は、コラーゲンの新陳代謝をいつまでも活発に保つことで、食い止めることができます。
それには、コラーゲンをつくる材料のアミノ酸の補給を十分にしなければなりません。コラーゲンの新陳代謝の速度を活発にすれば、架橋している暇を与えません。
あの人、いつまでも若々しい肌をしているね、とウワサされる人は、きっと、コラーゲンを飲む・食べることを心がけて、コラーゲンの新陳代謝の速度を活発にしていると考えられます。
もしくは、コラーゲンの摂取のみならず、他の栄養バランス(ビタミンやカルシウムなど)の取り方が上手といわれています。特に、高年齢化すると、女性ホルモンのバランスも悪くなってきます。コラーゲンだけではそのサポートはできないので、大豆に含まれる成分がホルモンのバランスのサポートをしてくれるのでコラーゲン食材を探す際には、豆腐も一緒に通販で探してみてください。美容と健康のサポートをリーズナブルにしてくれます。

コラーゲンと高齢化

寝たきりの方は、力の刺激を受けないので全身のコラーゲンの新陳代謝が低下します。背中のコラーゲンの新陳代謝の低下から、分解されるコラーゲンが多くな り、新しくつくられるコラーゲンが追いつかない状態になると、皮膚の機能が衰えてきて、ひどい場合は破れて骨まで露出する深刻な事態となります。これが床づれと呼ばれるものです。
この床づれの予防とケアにコラーゲンの補給はかかせません。力の刺激がないときには、コラーゲンの補給を多くして、新陳代謝を高める必要があるからです。
食べ物を飲み込むことができない嚥下(えんげ)障害の方も深刻です。
長い間、鼻から入れたチューブで栄養をとる経管栄養を続けている方の苦痛は想像以上です。えんげ障害の患者さんには、姿勢の工夫や呼吸法、飲み込む筋肉を強くする訓練などが行われますが、なかなか改善されない例も多いそうです。
このような方にも、コラーゲンを積極的に与えて、全身のコラーゲンの新陳代謝をはかれば、全身状態の改善とともに、えんげ能力も増します。嚥下(えんげ)リハビリテーションに、コラーゲン補給は大切です。
現在、床づれや嚥下障害は、多くの老人ホームや病院で手に負えない深刻な問題となっています。コラーゲンは、この問題の解決に大きな貢献が期待できます。

check

最終更新日:2018/2/15

(c)コラーゲンとこ豚とろう Allright Reserved.